香港会計税務サービス-創富會計稅務
Wingate Business Logo

専門家として20年の実績がある
私たちが夢の実現をお手伝いいたします


FREE
Partnership
Advertisement
Apply here!



免費
合作伙伴廣告
按此申請!

HK

会計・税務

会計サービス| 税務サービス| 法律サービスアレンジ| 経費管理と給与支払簿サービス| 便利なリンク

会計サービス

会計は会社のデータを数値化する作業で、数字によって会社の運営状況をしめすものです。すべての会社は現地の税務署の要求にかなうように会計簿を作成しなければならず、支払うべき税金と各種会計簿を監査しなければなりません。香港の税制度【香港会社条例第379章】によると、有限株式会社の役員は毎年財務報告書を準備する義務があります。会社の帳簿や項目別会計簿、年間財務報告など作成すると、会社の財務状況や経営状況を知ることができます。

ウィンゲートでは、経験豊かな会計士が皆さんのお手伝いをいたします。各種会計規則に基づく、お客様に最適な会計サービス案をご提供したします。低コストの会計サービスをご提供させていただいておりますので、弊社サービスがお客様のビジネスの発展に役立つことを信じています。

サービス内容

  1. 領収書、請求書、契約書、および帳簿などの準備
  2. 財務報告書の準備(毎月、毎季、毎年)
  3. 特別に必要な会計(イベント、政府から助成金があった場合など)
  4. 支店の会計
  5. 財務比率分析、調整

お見積りに必要な書類

  1. 会計年度内の銀行出入金記録

Q&A

個人経営の場合も記録は取っておく必要がありますか?
個人経営主は【香港会社条例】379条の「会社は財務報告書を提出しなければならない」との規定には該当しません。よって、提出の義務はありません。しかし、香港税務局条例の第51C条で、「各事業は最低7年間は記録を残さなければならない。」と規定されており、問い合わせがあった場合にはそれに応じなければならないため、個人経営であっても記録は保存しておく必要があります。
複数の会社がありますが、銀行口座は分けるべきでしょうか?
独立法人の法律に基づき、役員と株主、そして会社は分離して考えるべきです。会社の適切な記録を残すため、会社ごとの銀行口座を開設することをおすすめいたします。
どのような資料を残しておく必要がありますか?
本的に言って、業務に関係する文書はすべて保管しておく必要があります。契約書などはもちろん、発注書、請求書、領収書、交通費にかかる書類、賃貸契約書、銀行の文書、政府の申請にかかる書類なども残しておく必要があります。
役員は自分に給料を支払うことができますか?
可能です。役員も社員として給料を受け取ることができます。その場合は、会社との契約書を作成し、職責も明記しておくことをおすすめいたします。
給料と株主配当はどのように違いますか?
給料は社員の労働に対する対価として支払われます。株主配当は株主の持ち株数に応じて支払われます。給料は会社が税金を支払う前の会社の必要経費となりますが、株主配当は会社が税金を支払ったあとに配当されます。
いつ株主配当を行うことができますか?
会社が利益を上げた時など、いつでも配当は可能です。一般的に言って、役員は会計士による会計監査が完了した後に配当を検討します。
免責条項 | © 2000-2020年 Wingate Business Ltd.著作権保護により不許複製。